2015年07月08日

道東・北海道旅行 018 釧路湿原に向かって

 阿寒湖温泉を後に、前日来た道・国道240号線を引き返す。そして途中前日来た241号線との合流地点で、そのまま道なりにまっすぐ進む。この道も結構周囲は鬱蒼としていて鹿注意の標識があちこちにある。緊張して走るのはかなり疲れる。車や人に注意して走るよりも疲れを感じるなぁ。人や車はある程度の予測できるところがあるが、動物はそれが全くできないからだが。

 3桁国道で交通量はそんなにはないが、これまで走ってきた内陸部の中ではトラックなどの大型車が多い。これだけ大型が多いと動物も音などを感知して出てくる率は低いのだろう。ホテルで教えてくれたことが理解できる。
 どのくらい走ったか、写真撮影の時刻からするとホテルから40分くらい走ったようだが、左手に道の駅があった。ここは道の駅と同時に「阿寒国際ツルセンター」がある。ここに行く予定できたのだが、受付に行って目的のところと違うことが判明。ANAのチケットで行けるところは「丹頂鶴自然公園」公園のようだ。この”国際鶴センター”でも同じようなものを見ることができるが、入場料を払わねば。。。。自然公園と同じような内容なら、入場料払わない方を選ぶわなぁ。。。。ということで、中に入らずに車に戻った。実は道の駅にも入っていない。なんとも味気ない店構えで入る気がしなかったからだ。(ごめんね)
 ここから数キロ離れたところまで車を走らせる。同じ国道沿いに、右側にその「丹頂鶴自然公園」があった。駐車場に車を入れ、関所に向かう。関所=入場口の前に左の写真のモニュメントがあった。国際センターよりも私にはセンスを感じるものが。
 そういえば、国際センターには「皇太子御歌」という歌碑が据えられていた。
自然胃炎の中に入ってわかったが、国際センターの方が建物的には案内しやすかったのだろうな。

 自然公園の中に入った。国際センターと違って入場者が多い。それに一応にカメラを抱えているし、中には三脚を立ててじっと何かを待っている。入場者の前には高いフェンスが設けられているが、その中に数羽の丹頂鶴が歩いている。しかし、どうも雰囲気がそれだけではなく何かをみんなが待っている感じなのだ。
 気がつけば、丹頂鶴の赤ちゃんが親鳥にくっついて歩いているのだ。この時期は本来丹頂鶴は北に帰っていて北海道にもいないらしいが、怪我や病気で残ったものがここで管理されているらしく、その残った鶴達の子供のようだ。
 フェンスの奥まで結構いたように思う。しかし、最後まで見ることはしなかった。結構疲れてたんだよなぁ。。。。

 自然公園を後に、次は釧路湿原を目指します。


******************************************************************************************************************
◀︎◀︎◀︎PRE NEXT▶︎▶︎▶︎

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 9人
QRコード
QRCODE