2007年06月28日

旅の記録 達磨寺そして高崎・前橋に

 2005年5月9日 達磨寺 そして 高崎を通過して前橋

 小林山達磨寺は、碓氷川の国道18号線の対岸にある。現在の国道18号線から、橋を渡る。橋の突き当りを左に折れて、達磨の看板がある。前を走る観光バスが、その看板を通り過ぎる。うっかりついていってしまったのだ。。。 通り過ぎた。1キロくらい走って、戻る。そのくらい走らないと、ターンする場所がないのだ。
 
 やっと目的の達磨寺の入り口に到着。ここから駐車場までは非常に細い道。だから、入り口も本当によく気をつけていないと通り過ぎることになるのだ。3回目なのだが、好きじゃない。
 達磨寺の駐車場から境内に入る。年配のご夫婦、ご婦人のグループが。男一人はここでも私一人だけだ。

 このお寺、本堂は階段を登らねばならない。苦手なのだよ。それでも、登ったよ。登ったよ。登らなければ達磨さんをお返しできないモン。
 本堂に上がって、持ってきたかわいい2つの達磨さんをお返ししました。ほかに返されているお返しの達磨さんの置き場所にいる達磨さんは、みんな大きいんです。その中に2つ、かわいい達磨さんが。。。
 私は、2つの達磨さんの頭をなでて、ありがとうございました。

 さて、今度は、階段を下りなければ、登ったときよりも段数の多いところだ。下を見る、えっ 怖くない。 高所恐怖症なのに、今日はどうしたの。碓氷峠のあんな高いところから降りてきたから?
 降りたところで、また達磨さんを買い求める。かわいいの、ちょっと大きいの、もうちょっと大きいの 3つ買いました。 ひとつは、娘の願いが達成されるように。

 達磨寺を後に、国道18号線には戻らず、来るときに間違えて走った道をもう一度辿ることにした。この道が実は本当の中山道ではないかと私は思う。この前に安中市の旧18号線中仙道をわざわざ走ったが、その道と、この道は違う。安中市で入ったのは碓氷川の対岸だ。私は国道というものではない中山道であったと思っている。これは後で調べればわかることだろう。(後で調べてもよくわかりません。)

 この道から、国道17号線にはいる。つまり、走ってきた道を左に折れて、碓氷川を渡ったのだ。川を渡り左に折れると国道17号線で前橋に向かうはず。ところが、左折して目に入った道路案内には「軽井沢、長野」とある。思わず「うっそぉ」。うそではなく、本当だが、これは分岐点で左に曲がっていく。私は直進するのだ。

 高崎市。群馬県の県庁所在地ではないのに、県庁所在地よりも大きいかもしれない。三重県の津と四日市と同じような関係のではないかと思う。それよりも、
 前橋は、新幹線は止まらない。高崎は、上越新幹線と長野新幹線の分岐点。国道も17号線と18号線の分岐点でもあるし、とにかく交通の要所なのだ。三重県の四日市も国道1号線と23号線、25号線などの分岐点でもあるからよく似ている。

 国道も広い片側4車線ある。車の量もとにかく多い。愛知県は車の所帯あたりの保有台数は全国一はずだが、こういった車の渋滞を感じることが少ない。この間を縫うように、事故を起こさないようにひたすら私は走る。

 前回は逆方向だったが、早朝ということもあり、すいすい、だから前橋・高崎間はそんなに距離があるとは思わなか、今回は車の量の多さと周辺の大きく変貌した景観でなぜか遠く感じる。



**次回は、前橋から栃木県二宮町に向かいます**

過去の記録
 名古屋から軽井沢 その1
 名古屋から軽井沢 その2
 軽井沢から達磨寺

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE