2012年12月20日

京都の秋 その22 祇王寺

 前の記事では場所の特定ができ兄用に書いて申し訳ないですが、あまりにも小さいところに観光客がどっと押し寄せるのも考え物なのでご容赦を。
 実は、このスポットには結構長い時間いました。中で記念撮影頼まれたり(ほかでも、おばさん軍団から2回あったかなぁ、なぜか撮ってくれと持てますねぇ。。)人力車のイケメンの車夫と話したり、尾の庭園の奥にある仏様に拝謁したり。。。。それにな、何よりもあまりにもきれいな紅葉に縁側で座っていたりしたもので。。。。

 帰り際に、入り口で関所をされていた品のある女性とちょっとだけお話をしましたが、本当に品の言い方でした。(また来たくなる理由の一つですね)

 ここを出てさらに奥に進んでいく。二尊院への入り口を通り越して化野に向かうが、昨年もここを歩いた。しかし、今年はなんやら工事をしている、住宅をいくつか建てるのではないか?またこのあたりの風情がなくなりそうだなぁ。。。

 化野の念仏寺へ行く道と祇王寺に行く道の分岐に来た。昨年は祇王寺へは行かなかった。何せヘルニアの手術前で長時間歩くことができなかったから、今年あらためて来ようということで念仏寺を先に澄ますということで、祇王寺はパスしてしまっていた。ということで、今年は念仏寺にはいかずに祇王寺に行くことにした。



 祇王寺への道すがら両側には結構なお金持ちの家なんだろうなぁ。写真のように素晴らしい紅葉の庭をお持ちのところが多いみたいだ。


 祇王寺は、観光寺ということになってしまったんだろうねぇ。分岐から先もかなり観光客が向かっている。なんでこんなにいくんだろう?って。そうだよなぁ、今年は大河ドラマ「平清盛」に祇王が登場したせいもあるだろうなぁ。まぁ、悲劇の寺だから余計にいきたくなるということなんだろうか?
 【写真は関所です。とにかくすごい人なんですが、人が全くいないのを取るも大変です。】

 私は、どうにも清盛が好きになれないので、その清盛に捨てられた女の悲劇を言うことでこの寺を見に行く。。。なんてことはさらさら。ただ、祇王寺という場所を知っておきたかっただけなんだけどね。。

 以下は、祇王寺内のショットです。、



*****************************************************
2012年 京都紅葉 二泊三日の旅
1日目
その1 出発  ■ その2 土山SA ■ 番外 新名神の霧
その3 三井寺到着 ■ その4 三井寺1 ■ 三井寺2
その6 三井寺3 ■ その7 比叡山へ ■ その8 延暦寺 1
その9 延暦寺2 おめん ■ その10 詩仙堂
その11 修学院・赤山明神 ■ 番外 その2
2日目
その12 大原三千院 1 ■ その13 大原三千院 2
その14 大原三千院 3 ■ その15  三千院から法界寺に
その16 法界寺・誕生院 ■ その17 小野・勧修寺
その18 伏見・寺田屋
3日目
その19 嵯峨野1 ■ その20 嵯峨野2 ■ その21 嵯峨野3
その22 祇王寺 ■ その23 二尊院
その24 帰路・嵯峨野~栗東 ■ その25 帰路・1号線・あいの土山
最終回 帰路・関宿・帰宅

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE