2007年07月27日

旅の記録 上越3日目 その4 JR直江津駅

2005年5月12日 4日目 (上越3日目) 
  JR直江津駅 のホームに立つ

 おそらくかなり昔に直江津の市街地を国道が走っていたときの名残の細い道を駅に向かい、JR直江津駅に到着した。
 コイン駐車場に車を入れて駅に入っていく。長い上り下りのエスカレータがある。これで3度目だが、人がいない。と思っていたら、今回は、年を召された女性が私の前に割り込まれた。上りエスカレータをゆっくりと自力でも上られる。追い越す必要もないので、そのままついていく。

 出札で、「入場券を」というと珍しいのか怪訝な顔をされた。「見送りに来れば入場券くらい買うよなぁ」と思ったものだ。最も土地の人間でない雰囲気が、怪訝かこの原因かもしれない。旅行者が入場券を買うというのは、駅員にしてみれば変だろうなぁ。

 改札を入って階段を下りホームに。私の降りたホームには電車が止まっている。普通電車だが。通称ほくほく線=北越急行の電車だ。隣のホームには特急電車が止まっている。越後湯沢行きの「はくたか」だ。孫への土産に写真を撮る。孫はこれを何だと思うだろう。
 (メールで送ったところ、すぐに 「はくたか」 といったそうだ。孫の親、私の息子もなぜか喜んだとのこと。鉄道マニアの親子。そんな風に育てたつもりはないが。)

 帰ろうと歩いていると制服の乗務員がこちらに歩いてくる。どうもJR西日本の乗務員のようだ。ここで東日本の乗務員、北越急行の乗務員と交代なのだ。直江津は、北陸線の終点、信越線の通過駅でもある。ここで担当会社が変わるので必ず乗員は交代になる。迂闊だった。乗務員が出てきたところを見ると、特急が東から到着するはずなのだ。それを鉄道マニアでない悲しさ。頭に浮かばないので、階段を上ってしまったのだ。階段を上がり、改札で係員と話をする。改札の人々はJR東日本の人だということだ。

 上越市は、数年後北陸新幹線がJR高田駅の少し南の駅(脇野田)に停車する。新幹線が通るということは、これまでの鉄道での人の流れが完全に変わることを意味する。現在の北陸線は新幹線に取って代わるかもしれない。信越線もどうなることか。長野新幹線ができたとき、高崎から軽井沢の間、あの碓氷峠を越える部分が廃線になってしまっている。それと同じことがおきると、高田から長野の間が下手をするとなくなってしまうなんてことにもなりかねない。

 現在では人気のあるトワイライトエキスプレスのような長距離寝台特急を除くと、昼間の特急は新幹線に変わってしまうかもしれない。現時点では、富山、金沢などから東京に向かうには、特急「はくたか」を利用して越後湯沢に行き、ここで上越新幹線に乗り換えるのが早くて安いのだそうだ。
 しかし、この線がなくなってしまうのではないかと思われるのだ。金沢から東京まで北陸新幹線が通る。かなり交通手段に変更が出るだろう。そうするとこの直江津の駅はただ単に長距離夜行列車の通過駅、乗務員乗換駅になってしまいそうだ。北陸新幹線は、この駅は通らないのだ。
 改札の係員は、そんな将来の不安を感じているようだ。しかし、時代の流れとあきらめているのか、あっけらかんと笑っていた。

 **調査で知ったことは、北陸新幹線開業後は、直江津から妙高高原まではJRから営業が分離されるとのことだ。そのほか、北越急行と羽越線のいずれかの残留問題が論議されているようだ。いずれにしても地元民には、大きな関心事であろう。また、上越新幹線の運転本数にも大きく影響を及ぼすとのことだ。**

 車を止めたのは北口で、直江津のメインの出入り口だ。南口方面は、この駅の建て方は船を模していると聞いていた。そこで南口に回って写真を撮ろうと思い足を向けたが、また戻ってくるのが面倒なので、車で移動できないかと外を見ると少し東に踏切があるのが見えた。そこで、北口に戻ることにした。駐車場に向かおうとしたら、東から特急が来た。さっきは迂闊だったのだ。
 乗務員がいるということは乗り換えする特急が来るのだ。いまさら遅いので、フェンス越しにその特急の写真を撮る。腹の線の色が違うのはなぜ??(所有会社が違うようだ。ブルーはJR、赤は北越鉄道ではないか)

** 次回は、JR直江津駅 北口と南口 **

過去の記録
2005年5月9日2005年5月10日
 名古屋から軽井沢 その1 栃木県二宮町の朝
 名古屋から軽井沢 その2 朝のお勤め 高田・専修寺
 軽井沢から達磨寺 高田・専修寺 その2
 達磨寺から高崎・前橋 稲田・西念寺
 前橋から専修寺 R50号線 水戸市河和田 報佛寺
 栃木県真岡市で宿泊 報佛寺 坊守さんのお話
 筑波山麓を走る
 下妻市 小島草庵後
 下妻から長野に
 関越・花園~上信越・佐久
 佐久~黒姫野尻湖PA
 妙高を越え日本海へ
 日本海の夕日


2005年5月11日2005年5月12日
 上越2日目 その1 上越3日目 加賀街道
 上越2日目 フェリー乗船場  上越3日目 謙信ゆかりの林泉寺
 上越2日目 市役所 上越3日目 五智国分寺奥の院
 上越市埋蔵文化財センター
 上越 春日山城址
 上越 五智国分寺
 上越 親鸞聖人上陸記念堂
 上越 寺町浄興寺
 上越 市役所教育委員会

この記事へのトラックバックURL

 

  
2015大津・京都の旅
1泊2日のドライブ旅行
2015北海道・道東の旅
1週間870kmのドライブ旅行
大学OB会と
50年ぶりの鎌倉
OB会の後に鎌倉と横浜に行ってきました
15年年頭 広島宿泊の旅
鞆の浦、竹原、宮島に行きました
14年秋 京都宿泊の旅
久しぶりに新幹線に乗りましたが・・・
13年秋 京都ドライブ旅
京都の紅葉の名所・毘沙門堂に行きました
12年秋 室生寺ドライブ旅
すてきな観音様と再会です
室生寺五重塔
12年秋 京都ドライブ旅
1年ぶりの京都です
三千院
10年秋 平泉ドライブ旅
4泊5日 2000キロの一人旅です
平泉・わんこそば
   
10年夏 室生寺 日帰り旅
素晴らしい観音さんに出会いました
室生寺・五重塔
10年初夏 宇治・長岡 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに黄檗山満福寺・六地蔵・法界寺谷寺・長岡天神
布袋さん
09年秋京都 日帰り旅
09年11月26日久しぶりに 紅葉がきれいな京都
南禅寺の紅葉
08年秋京都 日帰り旅
08年11月25日貧乏・一人・日帰り旅の記録です。
鳳凰堂を望む
観光シーズン 京都の歩き方
京都市・地下鉄 東西線沿線
09年浅草と川越
浅草観音
07年信州の旅
上田城内
アクセスカウンタ
プロフィール
生田
生田
 トップの写真は、我が家の庭で、鳥達につつかれ実もなくなり枯れ果てた柿の枝です。人生も同じで、仕事仕事で突き回されてここまで来て、落ち着いたら、だんだん枯れていくんだという思いです。  
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE